about

 

アンナオルティスが想う天然繊維ウールへの回帰 

自然を大切にする。自然のものを有効に活用し循環させる世の中にしていくことが、未来へ向けて私たちができるひとつだと思います。天然繊維のウールを基軸にしたシンプルなデザインで流行に左右されない10年、20年後、子供にも孫にも受け継げるようなモノづくりをSuper Woolは目指していきたいと思います。

 


唯一無二の価値を、暮らしにつなぐ

メソポタミア文明時代から人類の隣にありました。古から時間と労力をかけて改良されてきた心地よい天然繊維。ウールに比肩するものが現れても、とってかわるものはありません。私たちはその意義深い自然の恵みを、私たちの生活にもっと深く取り入れていきたいと思います。

天然繊維とともに、未来を見据える

今、私たちの周りには機能性を重視して開発された化学繊維であふれています。Super Woolは決してこれらを否定するものではありません。ただ、天然繊維を最大限に生かしその恩恵を生かした生活を送ることは、循環型社会の中で生きていく上でより自然なあり方ではないでしょうか。

スペイン生まれのウールを、アンナオルティスと共に

現代の羊毛の基礎を築いたのは、牧畜民族ムーア。15世紀半ばにはスペインで国王や貴族・僧侶たちがさらに理想的な羊毛を求め、品質改良を競い合いました。そして毛足が長く細く、縮れが多い純白の毛をもつ上質なメリノウールが生まれたのです。今回Super Woolのデザイナーに迎えたアンナオルティス氏もスペイン生まれ。あくまでも自然体な彼女と共に、身につけて心地よく、洗練されたウエアをお届けしていきます。

厳選された素材で創り出すJapan Made

世界より厳選されたメリノウールを、自社工場を含む技術に定評のある日本の工場にて生産します。生産工程において細部にまでこだわりまた徹底した管理をおこない高品質のウール製品を作り出していきます。

x